木村 美彩(MISA KIMURA)

2021

プロフィール

テキストテテキストテキストテキストテキスト。キストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

テキストテテキストテキストテキストテキスト。キストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテテキストテキストテキストテキスト。キストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。テキストテテキストテキストテキストテキスト。キストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。


<主な活動地域>東京・埼玉

 

答えは参加者と自分の中にある

正解がないものを扱うのがワークショップであると考えています。解は参加者のなかから、場において生まれるものであることを前提に、ワークショップのプログラムをつくりあげていきます。また、参加者が心地よく解を追えるような環境づくりにも心を配ります。当日のファシリテーションもまた、あってほしい解へと導くのではなく、場を整理するだけにとどめることを大切に。まったく同じプログラムであっても、二度と同じ場が生まれることはないということを肝に銘じています。


「目的から考考える」
正解がないものを扱うのがワークショップであると考えています。解は参加者のなかから、場において生まれるものであることを前提に、ワークショップのプログラムをつくりあげていきます。また、参加者が心地よく解を追えるような環境づくりにも心を配ります。当日のファシリテーションもまた、あってほしい解へと導くのではなく、場を整理するだけにとどめることを大切に。まったく同じプログラムであっても


「振り返りの時間を大切に」
正解がないものを扱うのがワークショップであると考えています。解は参加者のなかから、場において生まれるものであることを前提に、ワークショップのプログラムをつくりあげていきます。また、参加者が心地よく解を追えるような環境づくりにも心を配ります。当日のファシリテーションもまた、あってほしい解へと導くのではなく、場を整理するだけにとどめることを大切に。まったく同じプログラムであっても、二度と同じ場が生まれることはないということを肝に銘じています。


ワークショップ実績

・2020年 ミソみそ体験ワークショップ(親子対象)
・2019年 DDD会社新入社員研修
・2017年 とき参加マルシェ開催
・2019年 DDD会社新入社員研修  
・2017年 とき参加マルシェ開催 ワークショップデザイナー特別講座

 

GALLERY

 

連絡先: