v

 
人見 はる菜 HITOMI HARUNA


Profile

埼玉県出身。アイリンク株式会社所属女優。一般社団法人日本演劇教育連盟理事。

2002年より女優として舞台・CM等に出演し、高校在学中に演劇集団チームトリプルYを設立。劇場、全国の学校やデイケア施設等での公演で、演出・脚本・振付・出演を担当する。
2005年、出身中学校の演劇部に関わり始めたことがきっかけで、演劇教育の分野へ。口コミで広がり、現在は関東圏の中学・高校7校の演劇部を受け持つ。
また、幼稚園・小学校・中学校・高校・大学・特別支援学校まで、すべての学齢・校種において、演劇的手法を用いたワークショップや授業を行うほか、企業・高齢者大学・芸能プロダクション等でも、研修やレッスン、ワークショップを実施しており、ワークショップ・研修の年間実施数は215回にのぼる。

「子どもが生きたいと思い、大人が生きててよかったと思える世の中にしたい」
「私の仕事が不要になるくらい、お互いに認め合い、やさしさを持ちよれる世界にしたい」

そう思いながら、ほぼ毎日どこかでワークショップを行っている。


主な活動地域

東京・埼玉・神奈川の学校。ほか、呼ばれればどこへでも。いちばん遠かった場所は、中国・深圳。


私のワークショップを語る3つのキーワード

※ワークショップにおける自分自身の「特質」を踏まえたキーワード3つを説明しているものです。

1:だれでも

大人も、子どもも、障がいがある人もない人も、国籍・言葉・性別・価値観などすべての違いを超えて、その人が生きてきたそこまでの人生と、その人自身をまるごと肯定することを、まずはじめにいちばん大切にします。どんな表現も、まずは受け入れるところからスタートし、そして、すべての人の参加を保証します。誰でも、自分なりのペースで参加し、無理なく自然に体験できるワークショップになるようにプログラムデザインとファシリテーションをします。


2:ドラマで

ひとりひとりの人生は、そのすべてがドラマに溢れています。ドラマに溢れた人たちが集う、ドラマ(演劇)の手法を用いたワークショップは、もちろんドラマに溢れます。まずはその一つひとつのドラマを大切に、尊重します。そして、ワークショップの中にも、大小さまざまなドラマが起きる仕掛けをします。また、実際にドラマ(演劇)的な要素が含まれたワークショップで、物語の主人公がさまざまなドラマに巻き込まれていくように、参加者もそのドラマに自然に巻き込まれていけるようなデザインを行います。ドラマを通して感じた気持ちを大切に振り返り、現実の世界へつなげていきます。


3:気づく-学ぶ-変わる

物語の主人公は、さまざまなドラマを体験する過程で、気づき、学び、変わり、成長していきます。参加者も同じように、他者とのかかわりから生まれるドラマを通して、自ら気づき、学び、変わっていけるようなプログラムデザインやファシリテーションをします。また、ワークショップで扱うテーマや目的は、その大部分が「正解がひとつではない」ものです。だからこそ、一方的なレクチャーになるのではなく、自ら気づくことを大切にし、その時の、もしくは自分なりの「解」を生み出せるようにします。このドラマ(ワークショップ)がどういう結末を迎えるか…そのシナリオを書くのは、ファシリテーターではなく、主人公である参加者自身です。


ワークショップ実績

●2021年度:短期大学 1校、高等学校 5校、中学校 1校、特別支援(中学) 4校、ほか企業・プロダクション等(2021年4月2日時点)
●2020年度:専門学校 1校、高等学校 6校、中学校 1校、特別支援(中学) 4校、ほか企業・プロダクション、カルチャーセンター等
●2019年度:専門学校 1校、高等学校 11校、小学校 1校、特別支援(中学) 3校、ほか企業・プロダクション、カルチャーセンター等



GALLERY