櫻井 晋  SAKURAI SUSUMU


Profile

俳優(フリー)
国家資格キャリアコンサルタント

劇団に在団中、利賀村や鳥の劇場(鳥取)にて演劇が地域に根付いているのを目の当たりにし「公演以外でも演劇と社会を繋げる方法があるのではないか」という思いに駆られ、社会的に第四の壁を破るため演劇ワークショップのファシリテーターを始める。
現在は主に小・中学校や高校にて、演劇のコンテンツを利用したコミュニケーションやキャリア教育のワークショップを多数実施。
地域と公共劇場との結びつきに興味関心があり、世田谷パブリックシアター・演劇ワークショップラボのメンバーとしても活動中。
2018年、国家資格キャリアコンサルタントを取得。
演劇の要素を使用し無意識なことを意識化し、自己理解を深めることをテーマとしている。



主な活動地域

東京から世界へ


私のワークショップを語る3つのキーワード

※ワークショップにおける自分自身の「特質」を踏まえたキーワード3つを説明しているものです。

1:演劇

ここでの演劇的とは、セリフを覚えたり、掛け合いのようなやり取りのことではなく「何かを人前で表現する」「表現を観ている人がいる」の2つで、これがあれば演劇が成り立つと考えています
たとえセリフを言わなくても、椅子から一歩も動かなくても、表現することは可能です
みんな知らないうちに色んな所で自分を表現しています
表現を通して、無意識を意識化し、いろんな気づきにつながっていくのが理想です
もちろんセリフやシーンを作っていく演劇ワークショップも大好きです

またシアターゲームを使って安心で安全な場を構築するのも大切ですね
自分の当たり前を取り払える違うフラットな場が提供できればと思っています
そのためにも演劇=PLAY=遊びの心も大切にしています


2:コミュニケーション

ワークショップで一番大切なのは参加者同士の関わりだと考えています
「コミュニケーション能力は大切」という言葉で片付けてしまわず、コミュニケーションとは何か、他者と関わることは必要なのかというところから、あたり前にできていることやわかっていても難しいこと、参加者の前にあるコミュニケーションの問題についてともに考えていきます
演劇は関係性によって創られ、関係を見せることができる表現であるだけでなく、演じる側と観る側という関係も存在します
演劇を通して様々な関わり合いを試しながら、自分にとって一番理想的なコミュニケーションを方法を見つけていくことを目指しています


3:自己理解

キャリアコンサルティングの経験代謝という考え方を使って、自己理解を深めることを行っています
「なぜそう考えるのか」「そう考える自分はどういう人なのか」と内省を進め、意識の深いところにある自分に気づく経験代謝
これと演劇を組み合わせ、どう感じているのかと更に感覚を開いて自分を見つめたり、他者と自分との違いに想像力を膨らませたり、より内省を深める振り返りを行います
他者との関わりの中で、自分はどう感じるか、どうしてそう感じるかを丁寧に紐解き、自分では気づいていなかった自分にたどり着くことを目標としています


ワークショップ実績

NPO法人16歳の仕事塾、NPO法人ドラマケーション普及センターなどいくつかのNPOと協力し東京都内の中学、高校で年間50回以上の演劇を使ったキャリア教育やコミュニケーションワークショップを実施。
また、世田谷パブリックシアター・演劇ワークショップラボのメンバーとして、演劇ワークショップの企画・運営を行うとともに、世田谷区内の小学校や世田谷パブリックシアターで行われる演劇ワークショップにファシリテーターとして参加している。
その他、俳優養成所の講師などとしても活動中。