増田 和芳   MASUDA KAZUYOSHI


Profile

青学26期修了。「まっすう」の名前でワークショップでは活動。合同会社富士みらいクリエイション代表。20年間の会社員生活を経て2019年に故郷静岡県で独立。研修講師、人材育成コンサルティング、キャリアコンサルタントとして活動。「人、組織、コミュニティの無限の可能性」を信じることを使命にして、企業領域や市民の方々に向けて楽しくコミュニケーションをとれる場づくりを行っている。

会社員時代に職場での人間関係に悩み、コミュニケーションがとれずに自律神経失調症を患った経験と、研修会社などで16年間培った人材育成や研修にかかわる経験をミックスして、楽しくワークショップ型で学べる研修の実践に注力している。
企業研修講師としての活動だけでなく、地域では子育て中の親御さんたちやお子さんたちに、カードツールやボードゲームなどを通して楽しく学べる場づくりにも力を入れている。大好きな言葉は「相互共育」。趣味は海や山の見える景色をドライブすること。

主な活動地域

静岡県富士市を中心に静岡県内、首都圏、オンライン


私のワークショップを語る3つのキーワード

※ワークショップにおける自分自身の「特質」を踏まえたキーワード3つを説明しているものです。

1:目的を意識

ワークショップでは、何のために行っているか、目的を意識してプログラムデザインやファシリテーションを行っています。手段のユニークさよりも、ワークショップを行う目的を逐次確認しながら、何を実現したいかが重要であると考えて取り組んでおります。これは、企業の研修や営業のコンサルティングを長くやってきた経験も踏まえて意識しているポイントです。そして、ワークショップ実施の目的を決めていくときには、依頼者の方々とワークショップを行うにあたっての課題、その課題が出てきた背景、そして、最終的に何を実現したいかを確認します。そのつながりを整理したうえで、ワークショップの内容を組み立てることを実践しています。どんなワークをやるのか、どんな仕掛けをするかに関心が傾きすぎないように、常に目的を意識して実践をすることが、依頼者、参加者、そしてワークショップデザイナーとしても外してはいけないポイントであると認識しております。


2:即興性

ワークショップの場面では、即興性を採り入れて協働やコミュニケーションの楽しさを体感するのを心がけています。ハードルが高いと参加者が感じるワークを行う前には、最初に参加者の緊張をほぐすなどして、参加者の潜在的な可能性を引き出せるようにすることが必要だと思います。参加者の潜在的な可能性が引き出されて何かの表現がされるときは、熟考したときよりは即興で考えたときの方が多いのではないかと考えております。今、そのときに感じるものを表現することで深い気づきを得られるようにしています。これは、私自身のワークショップデザイナーとしての経験からも感じており、自身が即興性を大切にして表現や発表をすることで、良かった点も改善点も深く気づいてスキルアップを図ることができました。その点でも、参加者の方々に即興性を大切にして取り組んでいただくことで気づきを促進するように心がけています。


3:笑顔

ワークショップにおいて、参加者が笑顔になる瞬間は、心理的な緊張から解放されて参加することへの安全や保証が実感できるときではないかと考えます。最近では心理的安全性が様々な場で大切にされていて、心理的に安全だからこそ創造的なアイデアが出てきやすくなります。私は、心理的に安全な状態を外形で見て取れるのは参加者の笑顔だと考えております。私が実践するワークショップにおいては、できるだけ参加者の笑顔が引き出されるように褒める言葉の投げかけをおこない、場によってはカードツールなどを用いています。私が実践するワークショップの核にしていることです。参加者同士の笑顔があるからこそお互いにリラックスして考えることができ、また、お互いを許容しあえる空気が創り出されます。笑顔があふれる環境をワークショップのなかで創り出し、ワークショップの目的達成に近づけていけるように心がけてファシリテーションを行っています。笑顔でコミュニケーションを楽しんでもらいたいとの思いをこれからも大切にしていきます。


ワークショップ実績

https://fujimirai-creation.com/achv/



GALLERY