赤川 泉美  AKAGAWA IZUMI


Profile

誰もが安心して思いを語れる対話の場を作ることで、人が動き地域が輝く場面を何度も見てきました。地域が輝くと社会が変わります。多様性を活かした場づくりのお手伝いをいたします。ファシリテーター、グラフィッカー、認定キャリア教育コーディネーターとしてのスキルとコンテンツを提供できます。
参加してよかったと思える対話の場づくりや研修をめざします。

所属:
認定特定非営利活動法人地星社
みやぎ子ども教育支援ネットワーク協議会みずとわ ほか


認定WSD資格 取得年度

2021年度


主な活動地域

宮城県を中心に活動


私のワークショップを語る3つのキーワード

※ワークショップにおける自分自身の「特質」を踏まえたキーワード3つを説明しているものです。

1:安心な場づくり

「場の雰囲気作り」「空間デザイン」「プログラムデザイン」この3つを含めて安心な場を作るようにしています。 場の雰囲気作りや空間デザインは、これまでの経験からなんとなく感覚で身についた感じはありますが、プログラムデザインについては、やる度に反省事項が見えてきます。 ここはやはり「リフレクション」を丁寧にやっていくことで、どんどん磨かれていくものと感じます。チームでの運営は苦手な分野ではあるが、リフレクションによるブラッシュアップには、仲間同士の力が欠かせないと感じました。


2:多様性の理解

地域で活動していると、生きづらいと感じている人など、見えづらい課題に気づくことがあります。理想はそういう多様性を、地域全体で理解することではありますが、WSの中では、ファシリテーターがうまく配慮して進めていくようにしています。視点としては「相手の靴を履いてみる」というようなところを意識していこうと思っています。様々な人の特性を知ること、そして言葉の裏に隠れた背景までを考え、読み取りながらファシリテートしていくことが大切だと感じています。また、参加者の方々にもそういう意識を伝えていきたいと思っています。


3:参加者を信じる

どんなことがあっても「参加者を信じる」というマインドは忘れないようにしています。この人たちなら何かを生み出してくれるはず、気づいてくれるはず、大丈夫!ととにかく参加者を信じて待つようにしています。毎回「信じればなんとかなるものだ」と感じています。特に「沈黙を怖がらない」と言うことを意識していきます。沈黙を大事にすることで、そこから必ず何かが動き出すと信じ、プログラムのゴールイメージはあるものの、決して誘導にならないよう、「決めるのは参加者」ということを心に置きたいと思っています。


ワークショップ実績

ファシリテーション研修(対象:自治体職員、教職員、公民館職員、大学生、市民活動団体等)
地域力向上講座(人材育成)
キャリア教育プログラムの実践(対象:小中学生)
まちづくりWS
コミュニケーションカードアドバンストレーナー
高校探求学習、女性会議等のファシリテーター ほか



GALLERY