岸 志津佳  KISHI SHIZUKA


Profile

「日本伝統文化を肌で感じて貰う」をテーマに、他国の文化も意識しながら、日本の伝統文化に触れる体験をして貰っています。また、参加者が感じたことを他の参加者と共有することで相互理解を深め、コミュニケーションを図って行けたら良いなと思っています。現在は、大学生や来日中の外国人向けにワークショップを行っていますが、今後、地域コミュニティの一般の方々に向けても、同様に実施して行きたいです。


星と森披講学習会 講師上級
OFFICIAL ZUMBA® INSTRUCTOR


認定WSD資格 取得年度

2021年度


主な活動地域

日本・海外


私のワークショップを語る3つのキーワード

※ワークショップにおける自分自身の「特質」を踏まえたキーワード3つを説明しているものです。

1:置いてきぼりには「なれない」よ!

私自身があるワークショップに参加して最後まで疎外感が抜けず、落ち込んで帰路に立ったことがあった経験から、参加者全員が皆主役、誰も取り残されない、取り残さないをモットーとしております。例えば、ワークショップに参加してみたものの何をやるにも気が乗らないような参加者が見受けられた場合、強制的に何か作業や動作をさせることはしないで、ただ私自身がファシリテーション力をもっと身に着け、その人自身の中での楽しみ方や新しい発見、気付きなどが出来るように導いていくようにします。


2:らくらくりらっくす

折角時間を取って貰ってワークショップにご参加頂くのだから、この日本文化とサンバステップの体験を楽しんで貰い、終わった時にはリラックス出来ている状態を作りたいです。また、現在外国人向け(日本文化の披講のみの体験)や大学生向け(日本文化の披講とサンバステップを体験)に行っているこのワークショップをアレンジして、地域コミュニティの老若男女向けにも開催したいと思います。日本の知られざる文化を紹介しつつ、地域の人たちに憩いの場を提供して行けたら良いと思います。尚、参加形態には、体を動かしてご体験頂くと共に、他の人が行うのを目で見るという参加の仕方も取り入れて行こうと考えています。これにより「やらなきゃいけない」という恐怖感から逃れられる「小道」を提供出来るのではないかと思います。そして、他者と声を合わせるというワークショップの性質上、それ自体にリラックス効果があると言われています。


3:プチ情報のお土産を

現在私が行っているワークショップは、1300年前からの史実に基づくことを説明することも多々あり、また、私自身が今迄に滞在した国の思想や習慣などもちょこちょこと紹介して行くことで、比較文化的に日本の文化を更に深く知って貰います。もちろん、ブラジルのサンバのステップを垣間見て体験することで、その国、ブラジルのことも少し知って頂くのですが。これに付随して、例えば家に帰って家族に「聞いて聞いて!! ~なんだよー」とか「今日こんなこと聞いちゃった!知ってた⁈」と言ってプチ自慢できるような、ちょっとした豆知識も伝えられたら良いなと思っています。


ワークショップ実績

2017年より
・披講イベント 春・秋
・大学でのアクティブラーニングとしての披講 講義