プロフィール

C-table株式会社/コミュニケーションデザイナー。都内のデジタル関連企業で各種プロジェクトマネジメント、ディレクションを担当する中、2020年9月、都内の企業に就業中に「生涯活躍のまち・つるビジネスプランコンテスト2020」のプレイベントである高齢者の課題解決アイデアワークショップにて企画、設計、ファシリテーションを行う。その後も地方での課題解決に興味を持ち、山梨県都留市にあるC-table株式会社に転職。転職後はデジタルを活用したまちづくり事業に取り組む中でワークショップを取り入れたり、都留市の高校生にものづくりのワークショップを実施するなど、都留市から地方を明るくする活動に取り組んでいる。

認定WSD資格 取得年度

2021年度

主な活動地域

山梨県都留市/関東エリア/オンライン

私のワークショップを語る3つのキーワード

※ワークショップにおける自分自身の「特質」を踏まえたキーワード3つを説明しているものです。

協働の面白さを知る

新しい自分を発見する

次のアクションにつながる

1. 協働の面白さを知る

イノベーションやものづくりは1人で行うよりも多様な価値観が絡み合うことにより成り立つことの方が圧倒的に多く、「協働」が必要だと考えています。しかし、現状の日本社会ではなかなかうまく協業ができておらず、イノベーションが生まれにくい状況が続いています。1人1人が自然に抱く思いや意見を出せるような場づくりをし、そこで自分の意見が取り入れられることによって、「協働をすること」の面白さを感じてもらえるような「設計」「ファシリテーション」が大切だと感じています。

2. 新しい自分を発見する

普段関わらないようなメンバーでグループ編成することにより、ワークショップでの協働を通じて、日常的にはあまりしない行動や発言が促されると考えます。ワークを通じてそんな新しい自分の発見を生み出し、気づきを得られるように配慮してワークショップを実施しています。プログラムの中には必ずリフレクションのワークを取り入れ、その中でも「自分にはこんな可能性がある」と、自己の強みに気がつき、励みになるようなプログラムデザインを心がけています。

3. 次のアクションにつながる

私自身が、何か小さくともアクションを起こすことで、ワークショップデザイナーの活動を広げることができています。ひとりひとりが何であっても行動を起こせるようになることが、イノベーションやものづくりには必要なことだと考えます。ワークショップを実施して終わり、ではなく、実施したあとに参加者にとっても自分にとっても、気づいたことから次のアクションに起こせるように、「ワークショップの後」のデザインも大切にしています。

ワークショップ実績

【2019年】
はじめてのUX〜vol1.「ユーザーを知る」〜
はじめてのUX〜vol2.「ユーザービリティテストを体験する」〜

【2020年】
はじめてのUX〜vol3.「ユーザービリティテストを体験する」〜(オンライン開催)
メンバーズ×都留市「みんなで高齢者の課題を解決しよう!アイディアワークショップ」(オンライン開催)
URL:https://recruit.members.co.jp/column/20200928/

【2021年】
ガチでお願い!城はないけど城下町をPRをしたい!【山梨県都留市まちづくりアイディアワークショップ】(オンライン開催)
URL:https://joukamachi-tsuru.peatix.com/

みんなでものづくりを体験しよう!ワークショップ(全10回/都留市興譲館高校実習)

Gallery

Contact