福原 未来  FUKUHARA MIKI


Profile

長野県軽井沢町在住。あそび堂代表。モデルロケット指導講師。
軽井沢町社会教育委員
軽井沢町男女共同参画計画推進委員
軽井沢町地域包括センター 通いの場 介護予防活動支援講師(ボードゲーム)

ボードゲームを「ワークショップ的な場を誘起するコミュニケーションツール」と捉え、地域初のボードゲーム専門店を開業。販売だけにとどまらず、施設や団体に赴き、教育や介護予防、組織の関係性づくり等の目的に応じて、デモンストレーションを交えた活用提案を行う。

長野県にIターン移住した際、都会と地方の学習機会の格差に課題を感じ、プログラミング学習、食育、宇宙教育、まちづくり…など、幅広い分野において、時に専門家と協働しながら、体験や対話を通して実社会を再発見するワークショップを実施している。



認定WSD資格 取得年度

2016年度


主な活動地域

長野県・東京都・埼玉県・群馬県・オンライン


私のワークショップを語る3つのキーワード

※ワークショップにおける自分自身の「特質」を踏まえたキーワード3つを説明しているものです。

1: 2つの「あそび」を

ワークショップとは、「コミュニティ形成のための他者理解や合意形成のエクササイズ」。 これはワークショップデザイナー育成講座で紹介された定義でありますが、昨今、様々な捉え方や手法が存在する中で、この定義に納得感を抱いています。ここでいうエクササイズは、普段の生活から離れた非現実的な場でありながら、無責任な活動を推奨するのではなく、むしろその非現実的な場を活かし、新たな視点で物事の捉えなおしをする行為であると考えています。 これを行うには、新しい捉え方を受け入れる「余白」と「遊び心」が重要です。私は、この2つを掛け合わせて「あそび」と呼んでいます。 ネジを締める時に遊びが必要なように、関係性の余白を意図的に作り出し、関わる人が自分なりのエッセンスを加えたくなるような、遊び心を抱ける場づくりを心がけています。


2: 「ルール」で自由に創造的に

ワークショップを行うときに、「自由に話そう」「自由にやってみよう」という投げかけをされると、意外と参加者としては反応がしづらく、かえって創造的なアイデアが出にくくなってしまったり、行動がワンパターンになったりしてしまいます。そのため、ある程度制限を持たせることを意識しています。 対話を行うのであれば話すテーマ(問いかけ)の設定を工夫したり、何らかの活動をするのであれば、やってはいけないことをあらかじめ提示し、「ルールの中で自由に活動しよう」と伝えます。 制限やルールという言葉は一見窮屈なようにも感じますが、やっていいことが明確になって伸び伸びと活動に参加できたり、考えが深まって創造性が高まったり、良い効果を得ることも期待できます。 言い回しに気をつけながら、お互いが相乗効果を持って良い経験となるよう、ルールを「場を設定する側の意図を伝える手段」として取り入れています。


3: その場に合わせて

地域やコミュニティによって、求められるワークショップの手法やツールは変化します。目的を同じくしても、対象者や場面によって最適なアプローチが異なる場合があるということです。 これは私自身が東京から長野へ移住して環境が大きく変わったことで、より一層実感を持って重要性を認識したことの一つです。 ワークショップを実施するコミュニティの実情を理解し、そこに集まる一人ひとりの背景に思いを馳せ、ありたい未来への足場をかけられるようなワークショップデザインとなるようにと意識しています。


ワークショップ実績

2015年
・「創造性教育とはなにか」ワークショップ
・幼児教室でのプログラミングワークショップ

2016年
・「創造性教育とはなにか」ワークショップ
・科学・数学領域の体験学習講座GEMSワークショップ「電気回路」 
・VISCUITプログラミング体験教室
・「モデリングロボット講座」

2017年
・「軽井沢宇宙ロボット講座」 
・「軽井沢を表現しよう」(美術館でのプログラミングワークショップ)

2018年
・「軽井沢宇宙ロボット講座」
・GEMSワークショップ「ウーブレック」 
・「いただきます軽井沢」

2019年
・「子ども企画会議」(小学生がまちづくりのイベントを考える会議)ファシリテーター
・「中軽井沢の未来を考えよう」コーディネーター

2020年
・「みんなで話そう中軽井沢の未来」(オンライン) ファシリテーター 

2021年
・モデルロケットを飛ばそう ワークショップ